プロフィール
    クサバ ミノル
    草場 実
    KUSABA Minoru
    ピックアップ機能とは:
     ピックアップ指定した研究者をリスト表示できる機能です。
     ピックアップ対象として指定するためには、
      ・検索結果の「ピックアップ」チェックをオンにする
      ・研究者詳細の「ピックアップに追加」をオンにする
     のいずれかの操作を行ってください。
    所属部局
    人文社会科学系
    教育学部門
    所属学部・学科・コース等
    教育学部
    総合人間自然科学研究科(修士課程) 教育学専攻
    職名 教授
    研究分野
    人文・社会/教科教育学、初等中等教育学
    基本事項
    学位
    教育学 (広島大学)
    教育学 (広島大学)
    職歴
    2022年4月 - 高知大学教育学部 教授
    2019年10月 - 高知大学教育学部 准教授
    2016年9月 - 高知工科大学 非常勤講師
    2014年4月 - 2019年9月 高知大学教育学部 講師
    2012年4月 - 2014年3月 高知県教育センター 指導主事
    すべて表示 5件表示
    委員歴・役員歴
    2022年11月 - 令和4年度高知県立清水高等学校 学校運営協議会委員
    2022年7月 - 日本理科教育学会評議員(四国支部)
    2019年5月 - 兵庫県立小野高等学校に係るスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員
    2021年5月 - 2022年2月 令和3年度高知県立高知西高等学校グローカル探究Ⅱスーパーバイザー
    2014年4月 - 2018年3月 高知県教育公務員長期研修生(研究生・留学生)の研究に関するアドバイザー
    すべて表示 5件表示
    所属学会
    2013年 - 日本教育工学会
    2006年 - 日本教科教育学会
    2003年 - 日本教育心理学会
    2002年 - 日本理科教育学会
    2001年 - 日本科学教育学会
    学歴
    2008年4月 - 広島大学 教育学研究科 学習開発専攻
    2006年4月 - 2008年3月 広島大学 教育学研究科 学習科学専攻
    1991年4月 - 1995年3月 高知大学 教育学部 中学校教員養成課程理科専攻
    研究活動
    著書
    新・教職課程演習 第5巻 教育心理学
    外山美樹、湯澤正通、草場実「計22名」
    協同出版 2021年5月
    21世紀の学びを創る:学習開発学の展開
    森敏昭監修、藤江康彦・白川圭子・清水益治編集
    北大路書房 2015年5月
    論文
    理科の学習指導要領に基づいた「対話的な学び」に関する 近年の研究の傾向と研究成果-ナラティブレビューとメタ分析を通して-
    亀山晃和・原田勇希・草場実
    理科教育学研究 64 27-50 2023年7月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    SSH指定校における「観察・実験の実施」以降の科学的探究過程が 観察・実験に対する興味に及ぼす効果の事例的検討 -「結果の処理」,「考察・推論」,「表現・伝達」の過程に着目して-
    齋藤惠介,原田勇希,草場実
    理科教育学研究 62 (3) 655-666 2022年3月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    観察・実験グループに対する心理的安全性による批判的議論の促進効果は動機づけによって調整されるのか
    亀山晃和,原田勇希,草場実
    科学教育学研究 46 (1) 69-80 2022年3月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    観察・実験に対する興味が「技能に関する知識」の習得に及ぼす影響‐全国学力・学習状況調査を手掛かりとした学習方略による媒介効果の検討‐
    畠中俊暉,原田勇希,草場実
    科学教育学研究 45 (4) 393-405 2021年12月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    日本の理科教育研究におけるメタ認知測定に関する現状と課題‐質問紙尺度を用いた研究に着目して‐
    畠中俊暉,原田勇希,草場実
    理科教育学研究 62 (1) 173-185 2021年7月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    すべて表示 5件表示
    学会発表
    生徒のメタ認知を活性化させる科学的探究課題の実践(2) ―教育的効果に着目して―
    植田悠未・草場実
    2023.11.12 - 2023.11.12
    生徒のメタ認知を活性化させる科学的探究課題の実践 ―高等学校化学「反応速度」を事例として―
    植田悠未・草場実
    2023.9.23 - 2023.9.24
    理科の反転学習が生徒のメタ認知活性化に及ぼす効果
    植田悠未・草場実
    2022.12.17 - 2022.12.17
    ワーキングメモリ理論に基づく理科学習指導デザインに関する研究 ―化学基礎「化学変化と量的関係」を事例として―
    草場実・西川拓磨
    2022.12.17 - 2022.12.17
    科目横断型プロジェクト学習が生徒の科学の本質の理解に及ぼす効果 ―高知県立高知国際高等学校における実践を通して―
    植田悠未・草場実
    2022.9.24 - 2022.9.24