プロフィール
    シミズ タカヒロ
    清水 孝洋
    SHIMIZU Takahiro
    ピックアップ機能とは:
     ピックアップ指定した研究者をリスト表示できる機能です。
     ピックアップ対象として指定するためには、
      ・検索結果の「ピックアップ」チェックをオンにする
      ・研究者詳細の「ピックアップに追加」をオンにする
     のいずれかの操作を行ってください。
    所属部局
    医療学系
    基礎医学部門
    所属学部・学科・コース等
    医学部
    総合人間自然科学研究科(博士課程) 医学専攻
    総合人間自然科学研究科(修士課程) 医科学専攻
    職名 准教授
    研究キーワード
    ストレス反応、脳、自律神経系、脳内大麻、ストレス関連性神経ペプチド、高血圧、心因性頻尿、膀胱
    主な研究テーマ・活動
    ストレス反応の中枢性制御メカニズム
    社会人・生徒を対象として可能な講演・授業
    「ストレスに対するからだの応答」
    「からだにおける脳内大麻の役割」
    研究分野
    ライフサイエンス/神経科学一般
    ライフサイエンス/薬理学
    ライフサイエンス/内科学一般/ストレス科学
    ライフサイエンス/泌尿器科学
    基本事項
    学位
    薬学学士 (北海道大学)
    薬学修士 (北海道大学)
    医学博士 (高知大学)
    職歴
    2012年12月 - 高知大学 教育研究部医療学系 准教授
    2011年10月 - 2012年11月 高知大学 教育研究部医療学系 講師
    2009年4月 - 2011年9月 高知大学 教育研究部医療学系 学内講師
    2008年4月 - 2009年3月 高知大学 教育研究部医療学系 助教
    2007年4月 - 2008年3月 高知大学 医学部 助教
    すべて表示 5件表示
    受賞
    2022年9月 Best Non-Clinical Abstract Prize A stress-related neuropeptide corticotropin-releasing factor induces facilitation of the rat micturition through brain glutamatergic receptors International Continence Society 52nd Annual Meeting
    2022年9月 Best in Category Prize: Pharmacology A stress-related neuropeptide corticotropin-releasing factor induces facilitation of the rat micturition through brain glutamatergic receptors International Continence Society 52nd Annual Meeting
    2021年12月 第42回日本臨床薬理学会学術総会一般演題優秀演題賞 週齢により自然発症高血圧ラットにおける硫化水素誘発性膀胱弛緩反応は異なる。 日本臨床薬理学会
    2019年8月 Excellent Poster Presentation Award at The 7th China-Japan Joint Meeting of Basic and Clinical Pharmacology Roles of brain nicotinic acetylcholine receptors in the rat micturition reflex The 7th China-Japan Joint Meeting of Basic and Clinical Pharmacology
    2018年3月 平成29年度高知大学研究顕彰制度・若手教員研究優秀賞 - 高知大学
    すべて表示 5件表示
    所属学会
    2020年 - 日本病院薬剤師会
    2018年 - 日本臨床薬理学会
    2018年 - 日本神経科学学会
    2016年 - 国際禁制学会
    2015年 - 日本排尿機能学会
    すべて表示 5件表示
    学歴
    2004年4月 - 2008年3月 高知大学大学院 医学系研究科 神経科学系専攻博士課程
    2001年4月 - 2003年3月 北海道大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻修士課程
    1997年4月 - 2001年3月 北海道大学 薬学部 総合薬学科
    研究活動
    著書
    自律神経―初めて学ぶ方のためのマニュアル―
    榊原隆次/内田さえ 編集
    中外医学社 2022年4月
    論文
    Effect of an angiotensin II receptor blocker and a calcium channel blocker on hypertension associated penile dysfunction in a rat model.
    Shimizu S, Tsounapi P, Honda M, Dimitriadis F, Taniuchi K, Shimizu T, Inoue K, Saito M.
    Biomed. Res. 35 (3) 215-221 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    Protective effects of hydrogen sulfide pretreatment on cyclophosphamide-induced bladder dysfunction in rats via suppression of bladder afferent nerves.
    Suo Zou;Takahiro Shimizu;Atsushi Kurabayashi;Masaki Yamamoto;Shogo Shimizu;Youichirou Higashi;Nobutaka Shimizu;Takashi Karashima;Motoaki Saito
    Nitric oxide : biology and chemistry 127 54-63 2022年7月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    Stimulation of brain corticotropin-releasing factor receptor type1 facilitates the rat micturition via brain glutamatergic receptors.
    Yurika Hata;Takahiro Shimizu;Suo Zou;Masaki Yamamoto;Yohei Shimizu;Hideaki Ono;Takaaki Aratake;Shogo Shimizu;Youichirou Higashi;Nobutaka Shimizu;Takashi Karashima;Motoaki Saito
    Biochemical and biophysical research communications 607 54-59 2022年6月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    Effects of losartan on bladder dysfunction due to aging-related severe hypertension in rats.
    Shogo Shimizu;Yoshiki Nagao;Atsushi Kurabayashi;Takahiro Shimizu;Youichirou Higashi;Takashi Karashima;Motoaki Saito
    European journal of pharmacology 922 174911-174911 2022年5月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    5-Aminolevulinic acid has the potential to prevent bladder dysfunction in cyclophosphamide-induced hemorrhagic cystitis.
    Takahira Kuno;Takahiro Shimizu;Chiaki Kawada;Atsushi Kurabayashi;Suo Zou;Hiroki Mogawa;Masayuki Tsuda;Motoaki Saito;Keiji Inoue
    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association 29 897-904 2022年5月 査読有り 研究論文(学術雑誌) 共著者
    すべて表示 5件表示
    MISC
    脳内ガス状伝達物質と排尿機能
    清水孝洋, 齊藤源顕
    Urology Today 29 204-210 2023年3月 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 共著者(筆頭)
    下部尿路機能障害に対するアンジオテンシンⅡタイプ1受容体拮抗薬の効果
    清水翔吾, 清水孝洋, 東洋一郎, 齊藤源顕
    日本排尿機能学会誌 32 373-374 2022年12月 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌) 共著者
    脳に着目した排尿薬理学研究─ ある中枢神経薬理学者の「異分野融合」研究歴 ─
    清水孝洋, 齊藤源顕
    日本排尿機能学会誌 32 380-382 2022年12月 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌) 共著者(筆頭)
    排尿機能制御における脳内硫化水素の役割に関する薬理学的検討
    山本雅樹, 清水孝洋, Zou Suo, 清水翔吾, 東洋一郎, 藤枝幹也, 齊藤源顕
    硫酸と工業 75 149-157 2022年11月 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 共著者
    A STRESS-RELATED NEUROPEPTIDE CORTICOTROPIN-RELEASING FACTOR INDUCES FACILITATION OF THE RAT MICTURITION THROUGH BRAIN GLUTAMATERGIC RECEPTORS
    Shimizu T, Hata Y, Zou S, Yamamoto M, Shimizu Y, Ono H, Aratake T, Shimizu S, Higashi Y, Shimizu N, Karashima T, Saito M
    Continence 2S2 100319-100319 2022年9月 査読有り 研究発表ペーパー・要旨(国際会議) 共著者(筆頭)
    すべて表示 5件表示
    学会発表
    2大学合同薬理学ロールプレイの有効性と課題
    東洋一郎, 清水孝洋, 劉爽, 清水翔吾, 茂木正樹, 齊藤源顕, 柳田俊彦
    2022.11.30 - 2022.12.3
    脳から見た排尿制御
    齊藤源顕, 山本雅樹, 清水孝洋
    2022.11.3 - 2022.11.5
    A stress-related neuropeptide corticotropin-releasing factor induces facilitation of the rat micturition through brain glutamatergic receptors
    Shimizu T, Hata Y, Zou S, Yamamoto M, Shimizu Y, Ono H, Aratake T, Shimizu S, Higashi Y, Shimizu N, Karashima T, Saito M
    2022.9.7 - 2022.9.10
    Hydrogen sulfide prevents cyclophosphamide-induced bladder dysfunction in rats through suppression of bladder afferent pathways
    Zou S, Shimizu T, Kurabayashi A, Yamamoto M, Shimizu S, Higashi Y, Shimizu N, Karashima T, Saito M
    2022.9.7 - 2022.9.10
    Carbon monoxide in the brain suppresses the micturition reflex in rats
    Yamamoto M, Shimizu T, Zou S, Shimizu S, Higashi Y, Fujieda M, Saito M
    2022.9.7 - 2022.9.10
    すべて表示 5件表示